月別アーカイブ: 2月 2018

子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時

子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に完成したばかりのマンションを購入できまして、住まいを移すことにしたのでした。さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、結局、そのまま運んでもらいましたら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、不本意な追加料金を払うことになってしまいました。

できれば事前にどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。

賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。

大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、破損などがないか細かくチェックします。
これを済ませて晴れて退去、となるのです。

また、いろんなケースもあるようですが、各種公共料金については、清算を済ませておくのが常識ですし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。

転出をして住所変更となった時には国民年金の住まいの変更届けを出す必定があります。当人が加入者である「国民年金第1号被保険者」の実例はお住まいの市区町村の受付窓口に、被保険者住所変更届を提示します。

「国民年金第3号被保険者」の事例では、配偶者の勤める事業主に被保険者住所変更届を提出しなければいけません。

引っ越すときの費用は、荷物の品目や分量以外に運搬する距離等によって変わり、時期によっても、かなり違ってきます。引っ越し条件によって変化してくるので、本来の費用にはだいぶ違うということも有ります。

引っ越しは何度も経験してきました。

いつガスを止めたら良いかとよく聞かれます。今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。

引っ越しが近づけば、その準備で体力も使いますし、汗もかくため引っ越し前日の夜ともなればゆっくりとお風呂に浸かって翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。
それに、当日になっても温かいものを飲むと一息つけるからです。引っ越しをして、住所が変更された場合、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。資格喪失手続きは旧住所の方で行えますし、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。

印鑑、国民健康保険証と、もう一つ、本人確認書類にできる運転免許証かパスポートを用意し手続きを終わらせてしまいましょう。
誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。
冷蔵庫の準備とは、前の日までに冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切って一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば準備は完璧です。
冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、新たに買うのも控えて、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。

固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際によく考えてみましょう。固定電話をほとんど使わないため、契約を止めるという結論になるかもしれませんが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、電話会社との間で、転居しても使い続けるためのやりとりを進めなければなりません。

引っ越したときには契約が始まっていないと電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、引っ越しの多い時季には先手を打って移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。

忠告ですが「大事な物、壊れやすい物は他人に任せず自分で運ぶ」です。忘れもしない、初めての引っ越しの時、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。はずかしながら、自作の陶器でしたから、ショックは大きかったです。ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。

これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。日々心配なく、安全に暮らせる環境とは家や部屋の中だけではありません。
近所との人間関係も、良好な住環境を作る要素だと思ってください。
住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶を欠かさず行ってください。

ちょっとした手土産を携えて挨拶に伺いましょう。挨拶に時間をかける必要はないですが、なるべく好い印象を持たれるように心がけます。出会った時の印象は、お互いに強く残るものです。

引越しを行ううえでの注意点はいくつかあるのですが、特に大切なこととはごみ収集日を覚えておくことなのではございませんでしょうか。
引越しを行う前の掃除では、この日に合わせゴミをまとめましょう。

資源ゴミや紙類については収集日が、月に二度しかない地域もあるので、出し忘れてしまうと後が大変になります。引越をする際の部屋の明け渡しをする時に金銭的なトラブルに発展する場合があります。

どんな費用が明け渡し時に必要になるのか、どのようなケースがあり弁償することになるのかなど部屋を借りる前にきちんと自分の目で確かめましょう。
また、納得のいかないまま請求に及んだ場合には、支払い義務のない費用が混入してしまっているかもしれないので、正しい知識を身につけておくことが大切です。
引越し単身で安い長距離がいいと思う